温   泉   記

<   2006年 10月 ( 3 )   > この月の画像一覧

紅葉

奥飛騨温泉郷は、関東や名古屋方面から来る方にとっては、奥飛騨は飛騨と言っても奥にある飛騨なのです。ですが私にとっては手前にあります。有名な観光地「上高地」の近くに奥飛騨温泉郷はあります。毎年、十月中旬に紅葉がとても綺麗な場所です。ということでドライブしてきました。かなり綺麗でした。クリックして見て下さい。
f0052569_20384241.jpg

そのまま長野県の松本を通りビーナスラインで霧ヶ峰湿原へ言ってきました。標高が高いので寒かったです。
f0052569_20414165.jpg

帰りは奥飛騨温泉郷で日帰り入浴です。平湯温泉の湯は前から好きですがやはり気持ち良かったです。
[PR]
by hidetatu32jp | 2006-10-23 20:42 | Comments(0)

群馬県の吹割の滝

群馬といえば温泉。で、その温泉宿を出発してから「吹割の滝」へ行ってきました。ガイドで見るよりも圧倒的に迫力があり行って良かったなと思っております。昭和11年12月16日文部省より、天然記念物に指定された吹割の滝は、高さ7m、巾30m余に及び、こうこうと落下、飛散する瀑布は、東洋のナイアガラと言われております。おまけに竜宮伝説もあります。
滝へ降りていく参道には面白いレトロ?なお土産屋や、茶屋がありました。それと遊歩道を行くと観音様がおられるのですが、ここの線香は火をつけてしばらくすると絵や文字がでてくるちょっと変わった線香でした。初めて見ました。

参道
f0052569_21584529.jpg

吹割の滝
f0052569_21592933.jpg

線香
f0052569_21594941.jpg

[PR]
by hidetatu32jp | 2006-10-10 22:01 | Comments(0)

宮沢賢治

雨にも負けず 風にも負けず
雪にも夏の暑さにも負けず
丈夫な身体を持ち
欲はなく決して瞋(いか)らず
いつも静かに笑っている


一日に玄米四合と味噌と少しの野菜を食べ
あらゆることを自分を勘定に入れずに
よく見聞(みき)きし分かり そして忘れず
野原の松の林の蔭(かげ)の
小さな萱葺(かやぶき)きの小屋にいて


東に病気の子供あれば
行って看病(かんびょう)してやり
西に疲れた母あれば
行ってその稲の束を負い
南に死にそうな人あれば
行って怖(こわ)がらなくてもいいと言い
北に喧嘩(けんか)や訴訟(そしょう)があれば
つまらないからやめろと言い


日照りのときは涙を流し
寒さの夏はおろおろ歩き
皆にデクノボーと呼ばれ
ほめられもせず 苦にもされず
そういうものに 私はなりたい
[PR]
by hidetatu32jp | 2006-10-01 16:33 | Comments(0)