温   泉   記

<   2007年 07月 ( 2 )   > この月の画像一覧

戸出七夕まつり

今日は休みだったので久しぶりに実家に遊びに行った。久しぶりに庭を歩いてみた。
f0052569_20132820.jpg


そそくさと実家を後にし、今日で最後の七夕を見に行ってきた。
富山県、高岡市の戸出七夕まつり(といでたなばたまつり)は、例年、7月3日から7月7日までの期間、富山県高岡市戸出地区にて行われる祭である。竹飾り本数は1,500本とも3,000本ともいわれ日本最大の規模を誇っている。
f0052569_20144065.jpg

f0052569_20145674.jpg

特長
全国的に七夕飾りを業者に委託する地域も多い中、住民などによる手作りの伝統を引き継いでいる。
自治会などの約20団体が「七夕コンテスト」でそれぞれの特大七夕の出来を競い合っている。
イベントとしては毎年7月6日の夕刻に行われる「民謡踊り街流し」の他、「YOSAKOI戸出」、「ライブin戸出」などがある。
飾り付けの特長としては、赤提灯の多さが第一に挙げられる。これらの赤提灯の中には電球が入れられ、灯りがともされる夜には、幻想的な風景を楽しむことができる。
「かんざし」と呼ばれるボリューム感を出すための竹を横に通すため、竹飾りはヒラメのように平たくなっている。

歴史
江戸時代(加賀藩政下)では、寺子屋にて教わる習字の上達を牽牛織姫の2つの星に祈るための七夕祭が盛んに行われていた。
明治維新後、青竹に赤くて丸い提灯や金銀などの色付き短冊を吊るして七夕を飾りつけ、7月6日夕刻より七夕飾りを町内を引きずりまわし、7月7日夜に千保川にそれを流す、という現在とほぼ同じかたちの七夕まつりが行われるようになった。
このころより七夕まつりは子どもの成長を願う行事となってきた。子供のいる家庭では軒先に竹飾り出して、七夕まつりの日に親族が集まり子どもの健やかな成長を願った。
1954年(昭和29年)に4町村が合併し新たに新設された戸出町の町のシンボルとして、また商店街の振興を目的として、1963年(昭和38年)に戸出商工会の企画により現在の形の七夕まつりが開催されるようになった。
その後、町、商店街、地域住民の協力により、現在では数千本という竹飾りが飾られる日本最大級の七夕まつりとなるまでに至っている。

文化
七夕まつりは特に男の子のまつりとされる。
男の子のいる家庭では七夕飾り竹の下のほうに、男の子の名前と、武者や金太郎などの絵を描いた行灯を飾り、男の子の健やかな成長を願う。
また商店街地域では七夕まつり最終日の7月7日の夜、長男の生まれた家庭の七夕の竹を引きずりまわす慣わしがある。
7日夜11時過ぎの露天商がいなくなった頃、その家の七夕飾りを倒して提灯や電球、大きな飾りを外した後、「わっしょいわっしょい」と町内中を引きずりまわす。
以前は引きずりまわした後の竹を戸出地域を流れる新川(千保川)へ投げ込んでいたが、現在は川への投げ込みは行っていない。

お面屋
f0052569_20184772.jpg

似顔絵師
f0052569_20192874.jpg

射的
f0052569_20201552.jpg

オモチャすくい
f0052569_22372048.jpg

型抜き・・・最近ではあまり見なくなったと思っていましたがやはりあるんですね。これがまたなかなか成功しないんですよね。
f0052569_22404759.jpg

夜じゃないので雰囲気はイマイチでっす。
[PR]
by hidetatu32jp | 2007-07-07 20:23 | Comments(0)

富山の信仰

富山市の呉羽山に五百羅漢がある。ここで写真を撮っていて薮蚊に刺されまくりました。

紫陽花が咲き乱れる歩道を歩いてゆくと左手に綺麗にならぶ五百羅漢が見えてくる。
f0052569_22295692.jpg


五百羅漢
インドの宗教一般で、「尊敬されるべき修行者」をこのように呼んだ。
初期仏教では修行者の到達し得る最高位をこのように呼ぶ。学道を完成し、これ以上に学ぶ要がないので阿羅漢果を「無学位」という。それ以下は、不還果・一来果・預流果を「有学」(うがく)位という。四向四果

煩悩の賊(ari)を殺す(han)から殺賊(せつぞく)と言われたり、涅槃に入って迷いの世界(三界)に生れない(a(不)+ruh(生ずる))から「不生」と言われたりする。これはいずれも通俗語源解釈であり、本来は「価値ある」「立派な」などの意味を持つ語根〈arh-〉の派生語。

特に大乗仏教では声聞を阿羅漢と呼び、批判的に仏と区別した。
しかし、大乗仏教では二乗と呼ばれて、阿羅漢と独覚(どっかく)は「仏」になれないとされ、さらには「地獄」へも堕ちることができず、その位のまま輪廻が繰り返されるとする論書さえある。

中国・日本では仏法を護持することを誓った16人の弟子を十六羅漢と呼び尊崇した。また、第1回の仏典編集(結集(けつじゅう))に集まった500人の弟子を五百羅漢と称して尊敬することも盛んであった。ことに禅宗では阿羅漢である摩訶迦葉に釈迦の正法が直伝されたことを重視して、釈迦の弟子たちの修行の姿が理想化され、五百羅漢図や羅漢像が作られ、正法護持の祈願の対象となった。
f0052569_22341451.jpg

f0052569_22343410.jpg

f0052569_223450100.jpg

f0052569_2210454.jpg

f0052569_2238531.jpg


富山県上市町の大岩山日石寺

大岩山日石寺は真言密宗の大本山として知られ、行基菩薩が大岩川の岩に不動明王を刻んだことが起源と伝えられています。

主要道から数キロ、山間の道を進むと清らかな川の流れが見えてくる。
f0052569_22175893.jpg

寺の入り口付近では大きな銀杏の木が日陰を作り涼しげに出迎えてくれた。。
f0052569_2220617.jpg

百段坂
f0052569_22144763.jpg

旅館街
f0052569_22152111.jpg

山 門
f0052569_2215474.jpg

三重塔
f0052569_22163192.jpg



(信仰文化を写真に収めただけで宗教の思想をどうこういうものではありません)
[PR]
by hidetatu32jp | 2007-07-05 22:24 | Comments(0)