温   泉   記

<   2008年 02月 ( 4 )   > この月の画像一覧

信州 渋温泉 「ひしや寅蔵」

夢のある旅がしたい。
午前中は晴れていたのだが、午後から大雪になった。
観光地をまわることもできないくらい吹雪いた。しょうがなくチェックイン時間よりも大分早く宿についたにもかかわらず部屋に案内してくださった。ひしや寅蔵に感謝。やはり信州は最高。渋温泉も最高。

皆さんは知っているだろうか?アニメの日本昔話オープニングテーマの時、子どもが龍の背中に乗っているシーンは信州に残る伝説だということを。
f0052569_22123452.jpg



定番の善光寺
f0052569_22183020.jpg

f0052569_22241298.jpg


そして蕎麦をいただく
f0052569_22243675.jpg

栗で有名な小布施町に寄った
f0052569_21574990.jpg

ひしや寅蔵玄関
f0052569_2159943.jpg

露天風呂
f0052569_21593448.jpg

内湯
f0052569_220117.jpg

館内
f0052569_2202015.jpg

f0052569_2203822.jpg

f0052569_222956.jpg

f0052569_2222650.jpg

女性は浴衣が選べる
f0052569_2211291.jpg

窓からの景色・冷え込んでます
f0052569_2225739.jpg

寅蔵併設の折り紙館。無料で折り紙を教えてくれる。普通の千羽鶴は一枚一枚作るが、ここの折り紙は一枚の紙で三羽や、四羽の鶴を折る。他にも色紙でカブトムシなどいろんな種類のものを教えてくれる。とても記念になる。
f0052569_2282466.jpg


渋温泉の楽しみ方は、街湯にでかけ湯めぐりをすることだ。九つの街湯があり渋温泉宿泊客はすべて無料。全て源泉が違い・しかもすべて源泉かけ流し。かなり楽しい。渋温泉は全体的に気取らない温泉街だ。街湯でも気軽に話しかけたり話しかけられたりする。ここは力を抜いて温泉を楽しむ場所だ。ちなみに雑誌の「男の隠れ家」今月号は渋温泉が特集されてます。
f0052569_2245190.jpg



至福の湯宿 「タビエル」にも紹介されました。他にも魅力的な宿が満載です。
[PR]
by hidetatu32jp | 2008-02-25 22:17 | Comments(2)

あー

f0052569_21165630.jpg

いやになりました。
[PR]
by hidetatu32jp | 2008-02-18 21:18 | Comments(4)

今月下旬の予定

またまた渋温泉に行ってきます。宿泊予定は「ひしや寅蔵」。創業四百年の老舗。
ここは湯めぐりができる温泉街で、昔懐かしい温泉情緒がある。温泉街の道は石畳。私のお気に入りの温泉街です。写真は渋温泉にある歴史の宿「金具屋」有名なのでこないだ行った時に写真だけ撮ってきた。
f0052569_10413096.jpg

渋温泉に行く前に小布施に寄った。名物として、栗かの子・栗きんとんなど栗を使った土産菓子が有名。 けっこう古めかしい建物が軒を連ねる。
f0052569_1715354.jpg

[PR]
by hidetatu32jp | 2008-02-11 10:41 | Comments(0)

滋賀県(近江)

滋賀県といえば近江牛でしょう!滋賀県に行って近江牛をご馳走になっちゃいました。
帰りに彦根城付近を散策しました。


f0052569_17215558.jpg
f0052569_17203743.jpg

[PR]
by hidetatu32jp | 2008-02-10 22:39 | Comments(0)