温   泉   記

<   2012年 09月 ( 2 )   > この月の画像一覧

城端 むぎや祭

先日、写真仲間の方々と富山県南砺市 城端(じょうはな)の「むぎや祭」
を撮りに行きました。

富山県では風の盆と並んでとても有名なお祭りです。
富山県の二大民謡として有名な「麦屋節」なのですが
起源がはっきりせず諸説あるようです。
代表的な説は「能登麦屋」があることから
能登地方から城端を経由して五箇山で定着した
というものです。

その五箇山は世界遺産の合掌造りなどが
ある地域です。五箇山で麦屋節が定着し、城端で
むぎや祭を起こし、多くの方に知られることと
なったのではないでしょうか。

その昔、平家一門が  屋島・壇の浦の合戦に敗れ、
落人たちは安住の地を人里はなれた越中五箇山に
求め住みついたとされています。
後世 山仕事や農耕の合間に往時を偲んで、
唄い踊ったのが麦屋節です、発祥は能登半島のようで、
素麺作りの際に歌われていたものであるといい、
「麦屋節」という作業唄であったようです。

f0052569_21585344.jpg


つづきはこちらから
[PR]
by hidetatu32jp | 2012-09-21 05:38 | Comments(26)

おわら風の盆

こんばんわ

先日、お友達と富山県富山市八尾町の
伝統行事「風の盆」の写真を撮ってきました。
一緒に行った方々が写真の上手な方ばかりで
押されっぱなしでした^^;

私は小学校の頃から風の盆が好きで
富山県に住んでいない時期以外は毎年
見に行っています。


f0052569_23542665.jpg

二百十日の初秋の風が吹くころ、おわら風の盆の幕開けを迎えます。毎年九月一日
から三日にかけて行われるこのおわら風の盆は、今も昔も多くの人々
を魅了します。涼しげな揃いの浴衣に、編笠の間から少し顔を覗かせ
たその姿は、実に幻想的であり優美で、山々が赤くもえる夕暮れを過ぎると、
家並みに沿って並ぶぼんぼりに淡い灯がともります。
それぞれの町の伝統と個性を、いかんなく披露しながら唄い踊り、
その町流しの後ろには、哀愁漂う音色に魅せられた人々が一人、
また一人と自然につらなり、闇に橙色の灯が浮かび上がり、
誰もがおわらに染まっていきます。

つづきはこちらから
[PR]
by hidetatu32jp | 2012-09-06 07:14 | Comments(31)