温   泉   記

城端 むぎや祭

先日、写真仲間の方々と富山県南砺市 城端(じょうはな)の「むぎや祭」
を撮りに行きました。

富山県では風の盆と並んでとても有名なお祭りです。
富山県の二大民謡として有名な「麦屋節」なのですが
起源がはっきりせず諸説あるようです。
代表的な説は「能登麦屋」があることから
能登地方から城端を経由して五箇山で定着した
というものです。

その五箇山は世界遺産の合掌造りなどが
ある地域です。五箇山で麦屋節が定着し、城端で
むぎや祭を起こし、多くの方に知られることと
なったのではないでしょうか。

その昔、平家一門が  屋島・壇の浦の合戦に敗れ、
落人たちは安住の地を人里はなれた越中五箇山に
求め住みついたとされています。
後世 山仕事や農耕の合間に往時を偲んで、
唄い踊ったのが麦屋節です、発祥は能登半島のようで、
素麺作りの際に歌われていたものであるといい、
「麦屋節」という作業唄であったようです。

f0052569_21585344.jpg




五箇山と城端の二つの地名が出てきていますが
現在は合併して同じ南砺市(なんとし)です。
が、ちょっと離れているんです。

その二つの地域で同じ民謡が唄い踊られるようになった
のはなぜか?
それには五箇山と城端の関係が
絹産業で結ばれていて人々の
往来が多くあったそうです。
シルクロードです。
城端のむぎや祭の歴史は60年くらい。

当時は五箇山の蚕から採れた繭で
城端で絹織物を作っておりました。

そして当時、城端は絹織物の仕事に
携わっている人がとても多く
いらっしゃったそうなのです。

城端絹の歴史は430年ほど前
戦国時代末期に始まったと伝聞されております。

今回、明治10年創業以来一貫して絹織物を
行っている 「松井機業」さん
にお邪魔させていただきました。

絹の事を何も分からない私に
丁寧に説明してくださった松井紀子さん
松井機業の才女です。(一枚目の写真も松井さんの
むぎや祭の時の写真です)

写真は絹織物に文様をつけながら折っていく「紙型」です。
説明を聞いていてなるほどなぁ・・と見ていました。
そういえば文様の入った表具などは
見ますよね?
f0052569_22205465.jpg

現在はデパートなどで展示会などをされて
いたり精力的に城端絹を提供されています。
私も見に行きましたが、絹織物の生地で
作ったクッションなど高級感があって、
ソファにおいてゆっくり映画でも見れたら
セレブだよな~と思いましたね^^

これは絓(しけ)絹と言いまして
二頭の蚕が稀に一つの繭を作るそうで
その繭からしかできないものです。
自然が作るデザインです。
f0052569_22282275.jpg

そして城端には「じょうはな織館」があり
絹織物体験や見学ができるように
なっています。
f0052569_23532665.jpg


むぎや祭当日、松井さんも踊られるというので
楽しみにしていました。

いつもながらこういう行事の日は
天気が心配なのですが予報は晴れ!

仕事が終わってそっこうで城端に向かいました。
城端には善徳寺という大きなお寺が
あるのですがここはステージ会場となります。
善徳寺はとても古く、とても風情を感じます。

いろいろな町内の方が数種類の民謡を披露
されます。見ていると、おお~、一番手前が
松井さんでした^^
f0052569_22341872.jpg

指先にまで気を配って踊られているのがよくわかります。
小さな振り付けと大きな振り付けがあり
奇麗で見る者を魅了します。
これは写真には音がないので実際に
訪れて見られることをお勧めしますね。。
素晴らしいです。
善徳寺をでてみるとすっかり日が暮れてしまいました。
屋台も多く出ていて幼少期を思い出します。
f0052569_22454964.jpg


ステージ会場のほかにも町並み踊りとして
城端の町並みをバックに演奏し踊られる場所も
数か所ありまして、これがまた風情があるんです。
城端は細い路地や石畳の路地、格子戸の
ある家が多く、とても懐かしい感じがし風情があります。
f0052569_22444818.jpg

つぎは町並み踊りを撮りに行きました。
こちらは瑞泉寺というお寺の前で披露されていました。
f0052569_2251245.jpg

子ども達もとても上手に可愛く踊っていました。
見ているととても微笑ましいですね^^
f0052569_22531972.jpg

男は袴に刀を差して笠を動かして踊ります。
f0052569_2352815.jpg

f0052569_2355062.jpg

近くで見ていますし迫力があり勇壮です。
f0052569_2363039.jpg


仕事が終わってから直行しましたので
腹がへりました~、、ということで
鮎の塩焼きを・・・・この時期の鮎は
子持ちでとても美味しいんだと
教えられバクッ!!といただきました。。
美味しかったですわ~^^
風情ある街でビールを頂いて鮎を食べて、良い夜です。
f0052569_061977.jpg

食べていると地方(演奏者)の方々が通られました。
胡弓の音がいいんですよねぇ・・・
f0052569_2318292.jpg

ああ、胡弓を弾いておられる女性、風の盆でも
撮らせていただいたお方です。先日、地元新聞にも
掲載されていたよと教えられて
むぎや祭にも出られると書いてありました。
せっかくなので記念にパシャッと。
囃子方は、唄・三味線・鼓弓・尺八・四つ竹・太鼓で
構成されるそうです。

さっさと食べてしまって今度は
町並み踊り「坡場の坂会場」へ
行かねばなりません。
城端は坂の多い街で、その坂には
ちゃんと名前が付いているんです。
私は坂のある街が好きなんです、どうしてか
わかりませんが。。

こちらの会場ではバックの家が本当に
雰囲気のある家で・・・もう写真撮っている我々にすれば
最高ですね^^
f0052569_23272722.jpg

子ども達がみんないい顔していました^^
踊り終わると「気をつけい!礼!」と言うんです。
こちらでも松井さん優美な舞を披露されておられました。
f0052569_23292972.jpg

南砺市の市長さんが「松井さんは織姫」と
表現されていましたが本当にそうですよね^^

城端には五月に曳山祭があり、その時に
お話しさせていただいてお写真を撮らせていただいて
城端蒔絵の小原 好喬さんも、もちろん参加しておられて
この日は、よさこいに参加された方々の前で、松井さんと小原さんと
弟の小原雄次さん、南砺市の歌姫の林道美有紀さん
ギターの小泉さんとで、むぎやを披露されました。
林道さんは南砺市の歌もうたっておられる方です。
この時間くらいになると各町内の演目は終了
しております。
このあともゲリラ麦屋ということで
突然、むぎやを踊るというのを
いろいろな所で催されていました。
f0052569_23401871.jpg





五箇山と城端、二つの地域で同じ民謡が
唄われる理由はなぜなのか?それは
古来から人々の往来があり、その往来・交流に
大きな役割を果たした絹という産業。
私はこれからも、こういう伝統産業、
伝統行事が残り、いつまでも歴史が続くことを
心から願っております。
f0052569_23563079.jpg

お忙しい中、取材に時間を割いていただいた
松井機業様、松井紀子様、ありがとうございました。

「松井機業」さんはこちらから


南砺市の歌にこういう歌詞がでてきます。

「何百年 歴史と文化 引き継いで来たんだろう
 今まで守り育ててきた 大切なものがある
  山の風 川の音 出会う人 みんな宝物だよ」

「祭りに合掌造り こきりこ 麦屋のしらべ
さきがけて 緑の里から 世界へ」
f0052569_23435793.jpg

記念に皆さんでパシャッと!ありがとうございました^^
[PR]
by hidetatu32jp | 2012-09-21 05:38 | Comments(26)
Commented by revoir-dima at 2012-09-19 06:21
これはまた超大作ですねー!
シルクロードが繋ぐロマン。
凄い取材力です。圧倒されました。
確かな写真技術があってのこの大作。参りました。
この祭も行ってみたくなりました。
Commented by kirafune at 2012-09-19 08:06
ひでたつさん

おはようございます!
1枚目、色っぽい。
ぞくっときました~。
松井織姫の舞姿、うつくし。
悠久のロマンを感じました。
今回も、ひでたつ記者の腕が鳴りましたね。
Commented by lacassa at 2012-09-19 08:20
お祭りってやっぱりいいですね。
いつも思うのですが、hidetatuさんって丁寧に取材されますよね。作品が素敵なのは、そういう部分も現れるんだなぁって思うんです。仕事にしないのはモッタイナイと思うのです^^
そちらはそろそろお米の収穫が始まりましたか?
豊作だといいですね♪
Commented by eco_neko at 2012-09-19 08:51
ひでたつさんが撮る人々が素敵に見えるのは、
撮ってもらう人が、ひでたつさんのお人柄に心を開いていらっしゃるからなんだなぁって
すごく、感じます。
人を殆ど撮ったことがない私には、・・・・もう、未知なる世界で・・・・
人を撮るにあたっては、きっと、
機材やテクニック以外に、とても大切なことを求められているような気がします。

↑ lacassaさんもおっしゃっているように、
ひでたつさんの作品が素敵なのは、心のこもった丁寧な取材が現れているのですね。
本当にそう思います。
Commented by papacamera at 2012-09-19 09:06
これも知らないお祭りでした。
hidetatuさんの記事は、写真の良さもさることながら
その場所の暮らし、産業も伝えてくれるので、
そこに生きる人の空気感まで感じることが出来る所がまた好きです。
Commented by sho-m1228 at 2012-09-19 10:06
いいですなあ。
一枚目と鮎の上の写真が好きです(・∀・)

富山はいいお祭りがたくさんあるんですね。
宣伝すれば観光客たくさん行くと思います。
温泉記プリントアウトしてJRの壁に貼ってきたいです(笑)
Commented by 7snaps at 2012-09-19 12:09
え〜っ、演奏者って地元の方々ではないのですか(驚!
歴史背景から地元の産業取材までタメになります。
やっぱり事前に知識を入れるとまた違った風景が見れるのでしょう。
自分も来年はいろいろ歩き回ってみたいと思いました!
Commented by みざ at 2012-09-19 13:51 x
かわいらしい女性も妖艶に仕上げてしまうのがすごいです。これが hidetatu magic なんですね。
むぎやの、そして城端の魅力が伝わってくる素晴らしい写真に今回も感動させていただきました。
Commented by monsukewc at 2012-09-19 20:20
さすがですね~^^
お祭りごとを撮らせたら右に出るものはいませんね~。
祭りの歴史、それを今受け継ぐ人たち、街並み、全て表現されているすばらしい大作です!
おわらに続き、こちらも訪れてみたくなりました^^
Commented by belcantaro at 2012-09-19 21:52
こんばんは~。
hidetatuさんのブログはみんな待っています。
どんなに間隔があいてもみんな待っているのです。
これからもず~っとヨロシクです~。(^^♪
Commented by Ray at 2012-09-19 22:26 x
こんばんは!
今回は出遅れなくてよかったわぁ。
風の盆の時は完全に出遅れましたもの。

それにしても富山ってどうしてこんなに素敵なお祭りがたくさんあるのでしょう?
お祭りで胡弓の音色が聞けるなんて最高ですよね。
しかも、こんな美しいかたが。
風の盆の写真の時で完全に惚れました~
それもこれもひでたつさんの撮り方が素晴らしいからなんでしょうね。
凡人が撮ればただのお祭りスナップになってしまうんでしょうけど、
完璧にドラマチックな写真になってますもの。
それに説明文も簡潔でわかりやすくって
編集能力のない私にとってはうらやましい才能です!
次回も楽しみにしてます~♪
Commented by ricophoto at 2012-09-19 22:29
ヒデタツさん、こんばんは。
むぎや祭って知りませんでした。
こちらも風の盆同様、すばらしいですね!
ヒデタツさんの写真って、その人の心までが写っているようで・・・。
だから感動するんですね。
Commented by thallo at 2012-09-19 22:57
1枚目の写真に思わずぞくっとしました。やはりこの図が撮れるのは。。。「ヒデタツさんしかいないっ!」
まるで私も旅行をしているかのようでした。いつものことなんだけどねー、日本のお祭りをたくさん見せていただけるので本当に嬉しいです。
そして傘がブラーになっているお写真とやっぱり鮎焼きの写真、ため息もの。。。うちにポスターで飾りたい!
Commented by yokonyan45 at 2012-09-20 00:36
す、すご~ぃ!
写真の良さはもちろんですが、この取材力には圧倒です。
1枚目の織姫の艶っぽさ、傘のみのシーンの画角が素敵です。

城端むぎや祭、来年も腕をあげて撮影に挑みたいと思ってまぁす^^
Commented by hitatinotono at 2012-09-20 21:14
一枚目・・・ノックアウト(^^。
十二枚目・・・場外(^^。
巧いですね~~~♪
Commented by june_an at 2012-09-21 17:08
1枚目の色っぽさにドキっとしちゃいました。
さすがに撮り方が上手いですね〜
どの写真もすばらしくて、溜息です。
毎回見事な瞬間を捉えられていて、楽しませてもらってます^^
Commented by r_magnolia at 2012-09-22 23:16
こんばんはー
今回も楽しませて頂きました♪
一枚目の口元、色っぽいですね。
きりりとした色気を感じます。
それから絓絹!
実際に目にされたのが羨ましいくらいの美しさです。
その透明感。
不思議で独特な質感。
いつも日本の良さをしみじみと感じさせていただいてます^^
Commented by sasa920 at 2012-09-23 08:41
おはようございます(^^
五箇山にこんなお祭りがあるのですね!知らなかったです。
夜の闇に浮かぶ 着物姿で踊る様 雰囲気もバッチリ
直で見ると また いいのでしょうね。
五箇山 春に水田の映り込みとライトアップで初めて
行ったのですが、すごく良くてファンになりましたヨ♪
Commented by ゆうこりん at 2012-09-29 20:59 x
はじめまして。あにいもうとから来ました。
写真に文字を入れてるのがうちのブログと一緒だー♪と、勝手に親近感を持たせてもらい、コメントさせていただきました^^;
といっても、うちのようなギャグブログと、こちらのような本格的な写真ブログを一緒にしてかなり失礼ですね、すみません^^;

私の場合、写真に文字を入れると写真の構図というかデザインが崩れてしまう気がして気が引けていたのですが、こちらのようにむしろ文字を入れることによって引き立つっていうのがすばらしいなぁと思いながら過去ログも読ませていただきました。
これからも参考にさせていただきたい点がいっぱいです。
またお邪魔します、よろしくです^^
Commented by 藪林(YABURIN) at 2012-09-30 21:03 x
はじめまして 南砺市民です。 自分は井波ですが 南砺の歌姫さんも 応援しております。 先日NHKの富山版でギター麦屋が放映され 評判いいようです。
そちらの方は 林道美有紀のおうちというブログで 
そして 松井さんは イトナ という本に出筆もされておりますよ
織姫さんが踊ってれる動画もアップされてるのありますので コメ見てる皆様探して見てくださいませ。 

 また 皆様 南砺へ足を運んで頂けることを 心よりお待ちしております。  
Commented by break__time at 2012-10-05 04:03
こんばんは~
すごいなぁ、このクオリティなら雑誌とか発行できそうだなぁ。
るるぶとか企画持ち込めば採用されると思う^^
取材もしっかりしてるし、さすがhidetatsuさんだ!!
すばらしいです。
Commented by yume-maboroshi at 2012-10-07 20:24
トップの写真美しいですねぇ~
同性なのにドキッとしてしまいました。
色気っていうのはこういう姿なのかな~なんて。
そしてそして このお祭りもとってもいいですねぇ
ちょっとした旅行記を読んでる気分でぐいぐい引き込まれました。
おわらに負けず サイコーです!! かっこいいっす。
Commented by nikon0128 at 2012-10-08 00:17
富山には日本の和の美が溢れているのですね。
こちらでは和服姿のお祭りは非常に少ないです。
気品が感じられて素敵です。
Commented by natsukatsu00 at 2014-09-15 09:58 x
f0052569_2318292.jpg
胡弓の演奏者です。写真ください。
Commented by hidetatu32jp at 2014-09-16 14:57
natsukatsu00さん

ありがとうございます。写真は2012年のものですがデーターをお送りしようと思います。メルアドを教えていただけたらと思います。よろしくお願いします<m(__)m>
Commented at 2017-04-22 09:05 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。